陽性者調査

ジャンププラスでは、多くのHIV陽性者や専門家のみなさんにご協力いただき、当事者の視点からHIV陽性者の現状を客観的に把握し、社会に伝えていくための各種調査を行っています。

調査結果は冊子として発行するほか、関連する内容のシンポジウム等のイベントも開催しています。

HIV陽性者のみなさんにとっては、他のHIV陽性者がどんなふうに考えているのかを知り、HIVとつきあいながら生きていくヒントになると思います。またHIV陽性ではないみなさんにとっても、当事者の生活に関する理解にとても役立てていただきたいと考えています。

発行する冊子および報告書をお求めの方は、注文フォームよりお申し込みください。HIV陽性の方には無料でお配りしています。

>>JaNP+冊子・書籍ご注文フォーム

HIV陽性者の医療に対するニーズ調査

ジャンププラスは、HIV陽性者の医療に対するニーズについて把握することを目的とし、全国のHIV陽性者を対象にアンケートを実施しました。その調査結果と提言を、ここに報告書として公開しております。

日本では、1996年にHAART療法と呼ばれる治療法が確立したこと、そして医療の進歩と福祉制度の整備によって、HIVに感染が判明しても適切な治療によってウイルスを抑えることができ、長く生きられるようになりました。そして、HIVの感染経路は限られていること、また感染力の弱いウイルスであることから、医療機関に適切な感染症予防対策(スタンダード・プリコーション)が整ってさえいれば、患者がHIV陽性であるか否かに関わらず、他の多くの病気やケガに対して一般的な方法で治療を提供できることも、すでに明らかになっています。

しかし、HIVに対する社会一般のイメージや、当事者自身がもつ被差別不安は、依然として根強いものがあります。HIV陽性者の多くは、多くの人が近所のクリニックや病院に行く程度の病気やケガであっても、定期通院しているエイズ治療拠点病院以外の医療機関に行くことには、かなりの躊躇があります。さらに、一般の医療機関においては、しばしば「HIV陽性患者は拠点病院だけで診ていれば良いのだ」といった対応や論調が散見されています。

「わたしたちHIV陽性者が、拠点病院に限らず医療機関および医療従事者に対して、どのようなニーズを持っているのか」ということを、明確なカタチで示すことで、HIV陽性者をとりまく医療の現状を当事者の視点から再考し、さらに「医療の本来あるべき姿をゼロから考える」1つのきっかけになるよう願っております。

※HIV陽性者の医療に対するニーズ調査は、「2011年度ファイザープログラム~心とからだのヘルスケアに関する市民活動・市民研究支援」の助成を受けて実施しました。

HIV陽性者の医療に対するニーズ調査 報告書
1冊700円/税込

>> HIV陽性者の医療に対するニーズ報告書をダウンロードする(PDF)

冊子「長期療養時代シリーズ」

特定非営利活動法人ぷれいす東京との共同プロジェクトにより、HIV陽性者を対象とした調査と様々な声をもとに、冊子を制作しています。
冊子の一部は、下記のウェブサイトでご覧になれます。

◆HIV陽性者の視点で読み解く長期療養時代◆
http://chokiryoyo.ptokyo.org/

※長期療養時代シリーズは、鳥居薬品株式会社様の協賛により実施しています。

『239人のHIV陽性者が体験した検査と告知』
1冊700円/税込

ほとんどのHIV陽性者は、HIV検査後の陽性告知という経験が、人生の大きなターニングポイントであると感じています。また、この時期は、その後に続く一人一人の生活や治療について、より良いスタートを切るための大切で繊細な時期でもあります。
この冊子のもとになるアンケートでは、HIV陽性者自身が感染を知る前に抱いていたHIVに対するイメージや、陽性告知を受けた状況、受け取った情報やメッセージなど、当事者の視点から見た「検査と告知」について質問しています。
HIV検査や医療に関わる皆様はもちろん、予防啓発に取り組む皆様にも、ぜひオススメしたい一冊です。

『長期療養時代の治療を考える -生活・健康・医療-』
1冊500円/税込

効果の高い薬の開発と医療・福祉など体制の整備により、日本のHIV陽性者にとって、医療機関や薬などの治療、福祉制度との付き合いは長期的なものとなっています。
この冊子では、HIV陽性者を対象として「通院」「服薬」「情報収集」「健康観」といったテーマでwebアンケートを実施し、その結果を紹介しています。陽性者が日常生活の中で、どのように自身の健康を捉えているか、どのよううに情報収集をしているか、どのように医療や治療を選択しているか、といったリアリティが感じられる内容になっています。

『人とつながる 社会とつながる』
1冊500円/税込

HIV陽性者の多くは、人間関係において様々な悩みを抱えています。
この冊子では、「HIV陽性とわかった後、周囲の人々や社会との付き合い方を考える上で、少しでもヒントを得てもらえるように」との考えから、既存の調査データやHIV陽性者へのグループ・インタビューに基づき、人や社会とのつながりについてのヒントを掲載しています。




Copyright (C) 2005-2016 JaNP+. All Rights Reserved.