スカラシップ

日本エイズ学会・HIV陽性者参加支援スカラシップとは

複数のHIV陽性者当事者団体および支援団体の協働により、日本エイズ学会・学術集会へのHIV陽性者の参加を促すスカラシップ・プログラム(学会参加費援助)を運営しております。

HIV医療体制は、患者も積極的に医療に参加してゆく先駆的治療の実現が求められます。これは「患者中心の医療」の実質的展開そのものです。しかし、様々な意見を出し合い討議され、新たな治療の在り方が提示される学会に、専門家ではないHIV陽性者が触れる機会は少ないのが実情です。

そこで、全国にいるHIV陽性者が経済的、地理的または心理的に参加しにくいところを、少しでも参加しやすくするために、このスカラシップを企画運営しております。多くの企業や団体、個人によるご支援のもと、HIV陽性者が自ら学会に参加することにより、地域を越えた様々な当事者や支援者、専門家の方々と交流し、あるいは多くの専門的な会議に参加して、HIV感染症に係わる知見をさらに深めてもらいたいと考えています。
一方、多様な専門家の学会参加者にとっても、HIV陽性者の姿とともに、当事者の視点や発想、熱望などに触れる機会となるのではないでしょうか。

日本エイズ学会への参加をご検討されているHIV陽性者のみなさま、またスカラシップをご支援を検討されている企業・団体・個人のみなさまは、下記の一般社団法人HIV陽性者支援協会のサイトを是非ともご参照ください。

>>一般社団法人HIV陽性者支援協会のサイトへ




Copyright (C) 2005-2017 JaNP+. All Rights Reserved.