調査・研究

JaNP+ではHIV陽性者の社会環境改善に貢献するため、また自らの活動をより客観的に評価するために、官民さまざまな助成を得てHIV陽性者の視点から当事者性を生かした研究活動を行っています。

厚生労働科学研究費補助金研究エイズ対策研究事業

平成24年度~平成26年度
「HIV感染症及びその合併症の課題を克服する研究」
(主任研究者:白阪琢磨)
研究協力「HIV陽性者ケア等に関するNPO/NGOの連携に関する研究」

平成20年度~平成22年度
「HIV感染予防個別施策層における予防情報アクセスに関する研究」
(主任研究者:服部健司)
分担研究「介入困難群の予防・保健サービスへのアクセスに関する研究」

平成19年度
「男性同性間のHIV感染対策とその評価に関する研究」
(主任研究者:市川誠一)
研究協力「HIV感染対策のニーズとその方向性/陽性者の視点から見た予防対策研究」

平成17年度
「HIV感染予防対策の効果に関する研究」
(主任研究者:池上千寿子)
分担研究「HIV陽性者のQOLと自立的ライフスタイル構築に関する研究

平成14年度~平成16年度
「個別施策層に対する固有の対策に関する研究」
(主任研究者:樽井正義)
分担研究「PWH/Aのエイズ関連施策への関与の可能性と実現に関する研究」

その他の研究事業

平成24年度~平成26年度
「日本学術振興会科研助成事業基盤研究(B)(研究課題番号:24330158)」
(研究代表者:井上洋士)研究協力
HIV Futures Japan プロジェクト

平成21年度~平成23年度
ファイザープログラム~心とからだのヘルスケアに関する市民活動・市民研究支援
「全国のエイズ治療拠点病院に関する情報整備および情報提供」

学会における発表・出演

第27回日本エイズ学会学術集会・総会
シンポジウム「地方におけるHIV陽性者・そのサポートは?~プライバシー守秘と孤立解消の取り組み、九州・沖縄でのトライアルを通して~」
一般演題「『Futures Japan』HIV陽性者を対象とした調査における当事者参画の意義と効果に関する考察」
公開シンポジウム「治療と社会的偏見の解消」
ランチョンセミナー「ホンネで語ろう、毎日の服薬~服薬アドヒアランスをいかに保っているか?~」

第26回日本エイズ学会学術集会・総会
セミナー「エイズ新時代・若き担い手たち ~現場で日々感じていること~」
一般演題「HIV陽性者の医療に対するニーズ調査」

第25回日本エイズ学会学術集会・総会
一般演題「HIV陽性者の体験から見た検査と告知(第1報)検査前のHIVのイメージと陽性告知時に得た情報・メッセージ」
シンポジウム「検査・告知・相談」
シンポジウム「HIV陽性者によるエイズ対策への参画」

第24回日本エイズ学会学術集会・総会
一般演題「HIV陽性者のための学術集会参加支援プログラムへのニーズと効果」
プレナリーセッション「東アジアのMSM」
ランチョンセミナー「時代が求めるセルフケア再考」
ワークショップ「パートナーへの支援と通知」
シンポジウム「日本の医療体制のこれまでとこれから」

第23回日本エイズ学会学術集会・総会
シンポジウム「HIVは本当に慢性になったのか?~長期療養時代の陽性者支援の課題~」
一般演題「首都圏MSM予防啓発活動の複合的アプローチに見られるマーケティング手法の研究」
一般演題「HIV陽性者スピーカー派遣プログラム」

第20回日本エイズ学会学術集会・総会
「検査体制と医療アクセスに関する研究/HIV陽性者の視点から考察する陽性告知と治療開始」
「HIV陽性者のネットワーク構築と社会参加の推進/ピアサポートとアドボカシーの視点から」

第7回アジア太平洋国際エイズ会議
「Intervention in Vulnerable Community / A Case Study in a Gay Community in Fukuoka, Local City in Japan」
「An Outline of Positive Life / Treatment Literacy Program for PLWHA」
「抗体検査を進めるには?/当事者の視点から見た検査のありかた」

第19回日本エイズ学会学術集会・総会
「HIV検査・相談の現状と今後のあり方/当事者の視点から見た検査」




Copyright (C) 2005-2016 JaNP+. All Rights Reserved.